ビザサポートのあるアメリカ求人を見つける方法

【10/1更新】日系グローバル、外資系企業の求人が多い転職エージェント

日系グローバル、外資系企業で海外関連求人を保有している転職エージェントは限られているので、グローバルキャリア構築をしたいのであれば「グローバル求人に強いエージェント」を利用する必要があります。

下記、グローバルキャリアを構築しやすい求人を扱っていて、当サイト経由で利用者数の多いエージェントを掲載しています。

※登録したからと言って、すぐに転職する必要はなく、求人を見てから実際に転職するか決めるべき

DODAエージェント(9月108人)

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

DODAであれば「グローバル日系企業」「外資系企業」の好条件求人が充実しています。紹介求人のバリエーションは広く、求人を確認してから実際に転職するか検討するべきです。

リクルートエージェント(9月48人)

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

DODAよりはグローバル日系企業の求人数は劣りますが、外資系の案件はそれなりに多いです。複数のエージェントを利用しておきたい場合は、リクルートエージェントも利用しておいてよいと思います。

ビザの種類を知る記事一覧

アメリカ求人で内定を貰った後に、現地での労働ビザ獲得のために選択されることが多いのが、H1Bビザです。私自身も、H1Bビザ付きの求人案件でリクルートエージェントを通して内定を貰いました。それでは、なぜH1Bビザが優れてるのか簡単な概要からお話しします。H1Bビザとは?優れている点としては、下記の3点があげられます。一度発行されれば3年間有効その後さらに3年間更新できる永住権申請可能この3つは非常に...

アメリカ転職を検討していた時にあるエージェントに登録したのですが、そこはJ1ビザでの求人紹介のみしかしてくれませんでした。私は日本では上場会社で勤務しており、年収は600万円程度だったのですが、そのエージェントからは時給10ドルほど、月日本円でも20万円程度の飲食店勤務の求人ばかりでした。その後、他のエージェントに登録して別案件を紹介してもらって見えてきたエージェント事情についてお話したいと思いま...

もともと日本で働いていた私ですが「アメリカ勤務の求人」を募集していた日系企業をエージェントに紹介してもらい転職しました。2か月間の日本での研修後にアメリカに派遣されて2年ほど経過しますが、アメリカ勤務の求人を探す際にネックだったのが労働ビザで、下記の点に注意して探しました。ビザサポートありの求人だけ探すJビザではない求人(L、E、Hビザ)に絞るインターンに近い待遇のJビザ求人を多く紹介してくる「現...

読者の方から、「大手企業でなくてもいいから、とにかくアメリカに移住・仕事がしたい」「1年程度で帰国しないといけないJ1ビザではなく、他の方法で実現できませんか」という質問を頂きました。そんな時に、思いつくのが、個人事業主としてアメリカでビジネスをしている日本人に雇ってもらい、ビザスポンサーになってもらう方法だと思います。ただ、先に結論を言うと、個人事業主にビザスポンサーしてもらう方法はお勧めできま...