ビザサポートのあるアメリカ求人を見つける方法

【2/12更新】日系グローバル、外資系企業の求人が多い転職エージェント

日系グローバル、外資系企業で海外関連求人を保有している転職エージェントは限られているので、グローバルキャリア構築をしたいのであれば「グローバル求人に強いエージェント」を利用する必要があります。

下記、グローバルキャリアを構築しやすい求人を扱っていて、当サイト経由で利用者数の多いエージェントを掲載しています。

※登録したからと言って、すぐに転職する必要はなく、求人を見てから実際に転職するか決めるべき

DODAエージェント(1月153人)

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

DODAであれば「グローバル日系企業」「外資系企業」の好条件求人が充実しています。紹介求人のバリエーションは広く、求人を確認してから実際に転職するか検討するべきです。

リクルートエージェント(1月64人)

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

DODAよりはグローバル日系企業の求人数は劣りますが、外資系の案件はそれなりに多いです。複数のエージェントを利用しておきたい場合は、リクルートエージェントも利用しておいてよいと思います。

転職サイトとエージェント一覧・評価

海外展開しているビジネスに関わるための転職というのは、情報も少なく、グローバル日系企業、外資系ともに求人案件を持っている転職エージェント選びが、最も重要となってきます。

 

エージェントに求めるべき条件

  • グローバル企業とのコネクションが強い
  • 質の高い求人が多い
  • レジュメ添削などサポートが強い

 

特に、転職経験がなくても、グローバル日系企業、外資系(アメリカ系、ヨーロッパ系など)で求人を探す場合は、必ず転職サポートが充実したエージェントを利用したほうがいいです。

 

グローバルキャリアを求める人材は多いこともあり、好条件の人気求人は、公開求人(誰でもアクセスできる求人情報)として募集されることは殆どありません。

 

応募が殺到して、選考に支障が出るためで、必ず腕の良い転職エージェントのところに求人は集まります。

 

ここでは、グローバル転職の上で、候補に挙がってくるであろうエージェントを徹底的に評価しています。エージェント選びの参考にご利用ください。

 

グローバル求人案件を得意とするエージェント

 

外資系、日系企業のグローバル求人が集まる傾向のあるエージェントを下記まとめています。

 

1位:DODA
公式サイト:http://doda.jp/

日系企業〇
外資系企業〇
ベンチャー企業〇

 

2位:リクルートエージェント
公式サイト:www.r-agent.com
日系企業△
外資系企業〇
ベンチャー企業△

 

3位:JACリクルートメント
日系企業△
外資系企業×
ベンチャー企業△

 

4位以下:ビズリーチ、その他中小規模のエージェント
日系企業×
外資系企業×
ベンチャー企業×

 

※中国、香港、台湾など中華圏でビジネス展開している企業(半導体、コンピューター機器など)はJACリクルートメントに求人が多い

 

各エージェントの評価にも記載していますが、一部のエージェントは、労働ビザを持っていない候補者は、サポート対象にしてくれないので注意してください。

 

理由としては、現地のエージェントは規模間が小さく、労働ビザプロセスをサポートする体力がないためです。

 

下記、それぞれの利用位エージェント別の評価記事です。

転職サイトとエージェント一覧・評価記事一覧

利用したDODAの最大のデメリットとしては、求人紹介数が多すぎるため、求人の絞り込みが難しく、応募しても書類選考に落ちやすいと感じた点です。特に、下記の点でデメリットがありました。・メルマガの量が多い・求人の質に幅がある早く転職したい人にはいいかもしれませんが、時間をかけて好条件求人を確実に見つけたい人には向かない転職サイトだと言えるのではないかと感じました。※好条件求人のみ紹介のあったエージェン...

TOEIC700点などの利用条件もなく、日系企業、外資系企業問わず、グローバル求人を比較的多く持っているのが「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントで求人が多いエリア英語圏(アメリカ、シンガポール、カナダ、イギリスなど)東南アジア(タイ、インドネシア、カンボジア、マレーシアなど)ヨーロッパ(ドイツ、フランスなど)リクルートエージェントは、オフィス面談なしでも、グローバル求人リストを見...

海外勤務の求人案件を探すうえで、ハイクラス転職のビズリーチを利用しましたが、結論から言うと「海外勤務求人」はほぼ皆無でした。登録して求人確認すると分かりますが、海外勤務求人が殆どない理由としては下記が要因だと感じました。海外勤務求人を専門で扱うスカウト(ヘッドハンター)がいない登録者にドメスティックな人材が多く、海外求人案件が集まりにくい海外勤務希望で登録したものの国内勤務求人ばかり紹介されたこと...

JACリクルートメントは「外資系」「海外勤務求人」に強いだけでなく、日系大手の優良求人にも強い一方で、登録してもサポートを断られやすいことでも有名です。登録拒否の要因としては下記の傾向があります。登録時の年収が500万円未満だった20代で経験が足りないと判断された「30代」「年収500万円以上」が登録可能な基準であるだけでなく、公式サイトを見ても分かる通り、基本的には年収800万円以上の求人紹介が...

JACリクルートメント、パソナキャリアの2つのエージェントは、日本からアメリカ転職する際には役に立ちませんでした。理由としては、登録すれば分かりますが、「アメリカで働ける労働ビザがないと転職サポートはできません」と言われるからです。労働ビザがないとサポートできないのは、この2つのエージェントが「現地採用の求人しか持っていないこと」「現地採用の転職サポートは手間がかかること」からサポートするメリット...

異常におススメされていることの多いリクナビネクストですが、ホワイト企業に転職したいなら、わざわざ登録する必要はない転職サイトというのが感想です。理由としては、下記からです。・スカウト求人に応募しても連絡が来なかった・毎日のメルマガがしつこいと感じたスカウトメールも完全にメルマガ化しているため、本当に自分が欲しくて企業がメールを送ってくるわけでもないので、実際に応募しても選考には通りにくい転職サイト...

大手転職サイト「エン転職」を利用した感想としては、大きく2つの点でデメリットを感じた。・求人数が多すぎて本当に良い求人が分かりにくい・スカウトメールがスカウトになっていない大量に送りつけられてくるスカウトメールなど「しつこい」と感じてしまった面のほうが強く、実際に応募したい求人を見つけられなかった。※好条件求人の紹介が多かった転職エージェントについて転職サイトのスカウトメールはほぼ全員に送られてい...

私はマイナビ転職に登録して、スカウトが来た企業に応募したものの、その後連絡がなかったことが多々ありました。下記は、スカウトメールがあっても応募後に連絡が来なかった原因です。・全員にスカウトメールが送られている・そもそも採用する気がないリクナビネクストでも同様ですが、転職サイトで募集している企業は、スカウトメールも大量に配信しているため、スカウトメールでも普通に書類選考落ちします。※ホワイト企業の求...

転職時に利用したindeedですが、登録求人数は多いものの、実際に転職したいと思える求人が少なく、微妙な転職サイトだと感じました。indeedが微妙だと感じた理由が下記です。・募集終了している求人も多い・条件詳細が見れないそもそも求人詳細はindeedから確認できず、提携サイトへの登録が強制されるだけでなく、経歴書など作成サポートもないので、最終的に利用を中止しました。※ホワイト企業の求人紹介が多...

外資系など英語を活かせる求人が多いことを期待して登録した「キャリアクロス」ですが、コールセンターなど単純労働系の求人が多く、希望に合わずに途中退会しました。キャリアクロスの登録求人では、下記の点で不満を感じました。コールセンターなど単純労働の求人が多い海外関連の求人も少ない海外出張のある仕事や駐在求人は少ないため、英語を多少使うとはいえ、コールセンター求人で転職する気はなかったため、最終的には別サ...

アメリカ専門の日系転職サイトであるProXJ(プロックスJ)についても登録しているので利用の感想を書いておきます。結論から言うと、日本からのアメリカ転職では使えない、と感じました。ProXJ(プロックスJ)ホームページhttp://www.proxj.com/jsmain.asp※問答無用で1番良かったのがリクルートエージェントでこちらに内定までの流れをまとめています。ProXJ(プロックスJ)が...

アメリカ転職エージェントのActus(アクタス)利用の感想も書いておきます。Actus(アクタス)に登録した私ですが、他のアメリカ現地転職エージェントで唯一個別の返信メールをくれたのがActusでした。対応は非常に丁寧でしたが、残念ながらやはりアメリカの労働ビザを保有していないと紹介できない案件しかないということで、企業紹介はありませんでした。Actus(アクタス)ホームページhttp://www...