ビザサポートのあるアメリカ求人を見つける方法

パソナキャリアで紹介の多かった求人の傾向と評価


JACリクルートメント、パソナキャリアの2つのエージェントは、日本からアメリカ転職する際には役に立ちませんでした。

 

理由としては、登録すれば分かりますが、「アメリカで働ける労働ビザがないと転職サポートはできません」と言われるからです。

 

労働ビザがないとサポートできないのは、この2つのエージェントが「現地採用の求人しか持っていないこと」「現地採用の転職サポートは手間がかかること」からサポートするメリットがないからです。

 

一方で、その後登録したリクルートエージェントでは、「駐在員求人」「現地勤務求人」ともに豊富で、案件を多数紹介してくれました。

 

>>リクルートエージェント利用記録はコチラ

 

上記を見ていただければわかりますが、アメリカ転職するうえで、PASONAを利用するメリットは、全くなかったです。

 

日系エージェントならどこでも同じと思っていたのですが、現実は違いますので注意してください。

 

ちなみに、外資系企業の転職でも使えるという評価が多い(何の根拠もなさそうなランキングサイトでの評価ではあるが・・・)のですが、外資系保険会社の保険営業職ばかりで、外資系転職でもあまり使えないと思います。

 

 

※問答無用で1番良かったのがリクルートエージェントでこちらに内定までの流れをまとめています。

 

パソナが何故アメリカ転職の上で、疑問が残る企業なのか説明していきます。

 

アメリカ求人は殆どない

パソナは、アメリカ留学者の日本での転職支援のほうに力を入れています。アメリカでの勤務案件は殆どありません。

 

履歴書など自分で作成しないといけない

初期登録の時点から、完成慣れた履歴書の添付を求めてきます。初期登録にしては、登録情報が多すぎて時間がかかりすぎます。

 

ビザサポートがない

日本への帰国者をメインにしているせいか、ビザのサポートについての表記がなく、日本にいながらに転職活動を進めることができない。

 

パソナの利用時の特徴

 

パソナという企業は、基本的には国内企業の人材紹介にしか注力しておらず、面倒な海外転職案件は扱いたがらないようです。

 

留学していた学生に対して、日本勤務の仕事を紹介するフォーラムの開催などに力を入れていて、日本にいるアメリカ勤務志望者は眼中になさそうです。

 

私は、わざわざ頑張って履歴書を書いて、登録したのですが、ビザサポートはやっていないので、現時点でビザがないと紹介できないというメールが来ています。

 

利用の方法と流れ

 

パソナでは、そのような経緯もあって、登録した日系のエージェントでは唯一、求人案件の紹介さえもありませんでした。もしも、アメリカで留学中で日本での勤務先を見つけたいがために登録する以外に使い道はありません。

 

確認事項
・登録と利用は無料
・初期登録は30分程度(履歴書登録必要)
・日本で就職する人向け

 

求人紹介

 

履歴書の準備までして、初期登録を30分もかけて終わらせたのに、アメリカで働くビザを持っていないからと、初めの挨拶メールで断られてしまいました。

 

求人紹介はゼロで、アメリカで働きたいと思っている人がいるのであれば、間違いなく登録しないでよいと思います。

 

応募

 

基本的には、メールでの求人紹介が多いので、そのメールに返信する形で、応募の意思を表明するそうです。この点は、システムを導入している他のエージェントに比べて、かなりアナログな対応をしていると思います。

 

特に、TOEICなどで足切りなどもしていないようで、その分、求人の質も寿司屋とかラーメン屋とか、そういったサービス系の案件が多そうです。

 

アメリカ転職でのパソナ利用まとめ

 

パソナというと国内でも、派遣業務など、正社員以外の案件に強いイメージがあります。アメリカ転職においては、やはり派遣ではなく正社員職での募集が基本となるため、パソナには案件があまり集まらないようです。
利用料は無料ですが、初期の履歴書登録など、かなり労力がかかるわりに、求人紹介などのリターンは非常に悪いので、あまり利用する価値はないと思います。

 

少なくとも、レジュメ対策、ビザサポートありの転職エージェントを利用しないと日本からのアメリカ転職は本当に難しいでしょう。

関連ページ

DODAは使えない転職サイトか?書類選考に通らない原因など評価
DODA転職エージェントで書類選考に応募後の対策についてまとめています。
リクルートエージェントは海外勤務や外資系転職に本当に強いエージェントなのか?利用した感想
私が日本からアメリカ転職する際に、実際に使用して、現在の仕事を紹介して貰ったのが、リクルートエージェントです。
ビズリーチに海外勤務や外資系の転職案件は本当に多いか?利用した感想
転職エージェントのビズリーチに登録して、海外勤務の求人紹介はあるのか、スカウトとのやり取りを通じた感想
JACリクルートメントで登録を断られた原因と拒否後の対策について
JACリクルートメントは登録後にサポートを断られることが多いようです。
リクナビネクストで応募後に連絡が来ない理由とは?実際に利用した評判
リクナビネクストはグローバル転職でも使い物になるのか検証しています
エン転職で応募後に連絡来ない理由とは?評判と実際の感想
エンワールドなど複数の海外系転職機能を持っているエン転職ですが、実際に利用してみて、海外転職などグローバル転職が可能なのか評判を検証しています。
マイナビ転職で応募しても連絡が来ない要因とは?実際に利用した評判について感想
マイナビエージェントは評判のように求人を見つけやすいのか検証しました。
indeedにはブラック求人は多いのか?実際の評判について
indeedでは登録求人にどういった企業が多いのか登録した感想と評判について書いています。
キャリアクロスは海外勤務や外資系転職案件は本当に多いのか?実際に利用した評判
このサイトは、20代でアメリカ転職を果たした筆者の経験を元に、海外勤務を条件にした転職活動の正攻法について説明します。また、海外勤務の求人の見つけ方や現地での仕事の仕方、キャリアの作り方、そして、無駄なレイオフに合わない方法 を解説します。
ProXJ(プロックスJ)は使いやすいか?
アメリカ専門の日系転職サイトであるProXJ(プロックスJ)についても登録しているので利用の感想を書いておきます。
Actusに実際に登録して利用した感想と雑感
アメリカ転職エージェントのActus(アクタス)利用の感想も書いておきます。