エン転職は評判通り使えない?スカウト応募後に連絡が来ない理由

「エン転職」を利用した感想としては、2chでも同様の指摘があったが、ブラック紹介の多いスカウトメールなど不満を感じ、最終的に退会した。

・ブラック率も高い
・スカウトメールを大量に送りすぎ

大量に送られてくるスカウトメールは「しつこい」と感じてしまった面のほうが強く、ブラック求人も多いと感じたことから、実際に応募したい求人を見つけられなかった。

※好条件求人の紹介が多かった転職エージェントについて

エン転職では人気のないブラック求人の募集が多いと感じたため、途中で退会した。

退会後、「経歴書作成サポート」「好条件求人の紹介」が手厚い転職エージェントを探して、最終的に私が利用したのは下記DODAエージェントだった。

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

エン転職のスカウトメールは基本的に登録者全員に送られていると考えておいたほうがよく、個別に求人紹介してくれたDODAのほうが書類通過率なども高いと感じた。

経歴書なども書き方に不安のあったが、応募前からサポートしてくれた点でも、効率的に転職活動を進めることができたと思う。

エン転職はスカウトでも応募後に連絡が来ない使えないサイトなのか?

あまり触れられないが、エン転職に登録して受信するような、求人スカウトメール(いわゆるオファーメール)は、基本的に求人広告。

企業が、エン転職にお金を払って、該当する候補者にスカウトメールを送っている。

ただ、該当する候補者といっても、スカウトメールの殆どは営業求人で、年齢程度しか見ていないため、実質的に登録者全員に送っているようなスカウトも多い。

スカウトメールの殆どが営業求人である理由

あまり話題に上がることのないエン転職ですが、実際に使えないサイトなのか個人的な感想をまとめておく。

私の場合は、スカウトされた求人にも応募したが、下記の点で不利に感じた。

・応募後に連絡が来ないことが多い
・書類選考で普通に落ちる

接客営業などブルーカラーな求人が多かったこともあり、キャリアアップに繋がる転職がしたかった私は、経歴書作成などサポートの手厚かった転職エージェントを利用して、希望の職種で転職した。

エン転職が、一部では使えないサイトだと言われているのは、結局のところスカウトやオファーメールが、クライアント企業へのアップセルになっている点だと思う。

というのも、本来はエン転職など求人プラットフォームは、転職者決定時にだけ、求人募集しているクライアント企業が、年収の30%~40%の手数料をエン転職に払うだけだった。

これは企業の公式中途採用ページからの応募も多かった時代の話で、現在だとプラットフォームとして強大な力を持ったため、クライアント企業が転職決定の前から、求人広告掲載料を払わせる課金ポイントが生まれた。

営業が多いのは、エン転職の登録者が基本的には無スキル人材で、営業へのコンバージョンが最も高いからではないかと考えている。

なぜスカウトメールが機能していないのか

本来のスカウトメールは、相手企業が自分の経歴書を読み込んだうえで、オファーしてくるものだが、実際には「年齢」「経験年数」程度しか見られておらず、ほぼ無差別に送られているスカウト求人も多い。

エン転職のスカウトメールが、ほぼ無差別で送られる背景としては下記が考えられる。

・スカウトメール=求人広告の新チャネル
・エン転職の企業への課金方法

スカウトメールでは、スカウト求人メールの配信にあたっては、先にメール配信手数料を払う必要がある。

これは採用が決まらなくても決まっても、先払いになるため、企業側からするとギャンブル要素が高く、なるべく配信先は増やしたいと考える。

すると配信先に何万人かの人数が欲しいので、例えば営業求人の募集なら、20代で経歴が1年以上ある登録者に送りましょうということになり、これがほぼ無差別で送られている原因と考えられる。

なぜ返信が返ってこないのか

ここでは特に、エン転職など求人サイトに特有の「応募後に連絡が来ない」理由などについて、対策含めてメモしておこうと思う。

エン転職では、応募するためのステップに下記の2つがあるが、一般的に有利とされているスカウト求人でも、普通に書類選考で落ちる可能性があることが公式サイトでも明示されている点です。

・スカウト
・自分で求人検索

さらにスカウトでも企業から直接スカウトメールが来るパターンと、仲介の転職エージェント経由でスカウトメールが来るパターンの2つがありますが、両方とも書類選考で普通に落ちます。

特に理解できないのは、企業からスカウトで求人案内があっても、普通に落ちる点で転職サイトとしての機能をはたしていないのではと感じました。

というのも登録者側としては、無駄なやり取りを簡略化する意味で、転職サイトを使っているわけで、相手からスクリーニングしてもらって来た求人で書類通過しないなら、いったいどの求人に応募すれば転職できるのか全く分からないからです。

詐欺というわけではないですが、スカウトしてきているのに普通に書類選考で落とすなら、初めからスカウトメールを送ってくるなと思ってしまいますし、使えないサイト認定されても文句は言えないだろうと思います。

勝手に転職エージェントにリストを送るなと感じる理由

エン転職では、私の場合は、化粧品業界出身ということもあり、化粧品のマーケティングなど、企画系の仕事を探すために登録していたのですが、スカウトメールの中には、何故か登録していないエン転職以外のエージェントからのスカウトメールも混ざっていました。

恐らく登録時の規約で、エージェントにも名簿を回す的なことが書いてあったはずなので、文句は言えないのだろうと思いますが、いきなり謎のエージェントからスカウトしますと言われても大丈夫かと思いました。

しかも応募しても普通に書類選考でも落ちる可能性はあるので、勝手に名簿回して手間をかけさせて、書類選考で落とすんかいと思いました。

大手としては資生堂、花王など狙っていたのですが、エン転職では基本的に子会社の求人しかなかったため、やむなくそうした格下の求人に応募していきました。

実際には、応募後に連絡が来なくなるなどあったのですが、下記については、その後利用した別の求人サイトにて実際に利用時のサポート内容について、記載しておきます。

エン転職で避けるべきブラック企業の特徴

エン転職での紹介求人だけでないのですが、ブラック企業フラグのある求人については、下記の3つに集約されると感じました。

・スカウトメールが高頻度で来る会社
・いきなり社長面接
・アットホームな環境、若手も責任ある仕事など

スカウトメールが、やたら何回も届く企業というのは、基本的にプッシュ型の求人広告を打っても応募者が足りない企業ということになるので、不人気企業で条件的にも相場を下回るなど負のサインがあります。

いきなり社長面接や役員面接の企業というのは、候補者の実力を信用しているというよりも、人手が足りず早めに内定者を確保しておきたい、退職率の高い職場の可能性が高いです。

エン転職でも登録すると分かりますが、かなり多いのが、中小企業から子会社など、やたらアットホームな環境や、若手が活躍など書いてあると、馬車馬のように働かされることを意味します。

上記の簡単なフラグを見極めれば、大抵のブラック企業は見極められますが、実際にはそうしたフラグしかない企業からばかり求人案内が来るというのが現状です。

これはエン転職のみならず、リクナビネクストなど転職サイトで、専任のサポート担当がつかないサイトに共通なのですが、人気求人に対しては、殆どの場合で担当のつくエージェント経由になるためです。

エン転職での有名企業への対策と応募後の連絡について

まず資生堂は化粧品会社として非常に有名ですが、1872年の創業当初は、洋風薬剤の薬局としてスタートした企業で、エン転職にもそれなりに子会社の求人は登録されていました。

下記は、エン転職では連絡もなく、サポートもなかった企業別のレポートになるのですが、下記のように自分の志望企業の直近の分析レポートが貰えるのは大きいと思います。

1916年~1926年にかけて、本格的に調剤薬局から化粧品事業を行う企業へと業態転換している。

現在は化粧品やヘアケア商品を資生堂やその他のブランドで生産販売しており、2016年度の売上高は、8,503億円で営業利益率は4.3%とまずまずの収益水準となっている。

販路別構成比では国内が48%で海外他が52%と海外での販売比率が国内販売を超えると言う構成になっている。

資生堂の強みは、何といっても化粧品の老舗企業としての信頼性とブランド力が第1に上げられる。近年、国内需要を押し上げているインバウンド需要に置いても、指名買いをされるほど日本を代表する信頼のブランドとなっている。

こうしたブランド力を背景にグローバル売上高は、2012年、2013年には横ばい状態であったものが、売上高伸長率は2014年から2016年に掛けて、1%、4%、6%と大きく改善を果たしてきている。

これはプレステージ、中国事業、トラベルリテールと言った既存チャネルの好調に支えられたものである。

また国内の構造改革やコストダウンも進展し、48%の売上高を占める国内事業では、営業利益率が12.6%と言う高収益を上げるまでになっている。

この様に、売上高の回復と国内事業の高収益体質は、資生堂の経営基盤を支えるものであり、強みと言える。

しかし、国内事業が12.6%と極めて高収益であるにも関わらず、グローバルでは4.3%と余り高収益とは言えない状態にあります。これは海外事業に原因がある。

グローバルの販路別利益率を少し詳細に見ると、中国3.5%、アジアパシフィック2.2%、米州▲6.8%、欧州▲8.1%となっており、いずれも利益率が低く、特に欧米においては赤字となっている事が分かる。

売上高の52%を占める海外事業の営業利益率が悪い事は、資生堂にとっては当面の大きな課題であり、弱みと言える。

こうした課題を取り除くために、欧州において赤字事業であったトルコやギリシャからの撤退、米国においてはシェアードサービス、システム統合・集約、アウトソーシング化、販促物の無駄の削減等を進めているが、一層の構造改革の加速が必要な状況と言える。

資生堂では、こうした海外事業における負の遺産を処理し、プラスの良循環への転換を2017年度に完了し、2018年から成長加速の新戦略への移行を図るとしており、この推移を見守る必要がある。

資生堂では海外事業の立て直しが必要ですが、国内事業では高収益を上げており、海外の各地域別に何をすべきか、しっかりと把握できていると思われる。

こうした課題を着実に解決する事で、資生堂が掲げている2020年度に売上高1兆円、営業利益率10%と言う目標は必ずや達成してくれるものと期待できるのではないか。

上記のように、応募企業の「強み」「弱み」についてを、的確にまとめて教えてくれる求人サイトと、エン転職のように応募者は自動販売機的な求人検索だけ使って、あとは放置のサイトでは、連絡が来ない以前に、書類通過率から違ってきます。

紹介求人の率直な弱みについても事前に教えてくれるのか

エン転職では、基本的には応募時に担当者の効率性を重視しているので、サポートがないだけでなく、特に職場環境などのスクリーニングもない求人を紹介されるリスクもあります。

下記は、エン転職とは違って、紹介求人についても強み以外にも、化粧品業界での本当の立ち位置など、入社後の弱みについて率直に教えてくれら例になります。

花王グループの歴史は、1887年に長瀬富郎氏が、花王の前身の洋小間物商「長瀬商店」を創業したのが始まりとされているが、この長瀬商店では1902年に石鹸の原料仕込みから包装までを一貫生産する直営工場を建設し、そこから今日の花王グループのメーカーとしての企業活動がスタートしたオーナー企業。

現在の花王グループの事業領域は、化粧品からスキンケア・ボディケア製品、ヘアケア製品、ヘアスタイリング剤までをカバーするビューティーケア事業や、健康機能飲料、サニタリー製品、オーラルケア製品などのヒューマンヘルスケア事業がある。

また衣料用洗剤、食器用洗剤、住居用洗剤等の毎日の生活を清潔で快適にするファブリック&ホームケア事業や花王グループ各社に原料供給を行うと共に、グローバルな幅広い産業分野に向けて、多様な製品を提供している、ケミカル事業など多岐に渡っているため、実際に就ける仕事と面接で話される内容には齟齬がある可能性がある。

2015年度の連結売上高は1兆4,718億円で、各事業の売上高構成比はビューティーケア事業が41.3%、ヒューマンヘルスケア事業が19.1%、ファブリック&ホームケア事業が22.7%、ケミカル事業が16.9%となっていて、また2015年度の営業利益率は10%を計上しており、経営状況は非常に好調な状況となっているので給料水準は高いが、激務になる可能性がある。

花王グループの強みとして、単なる化粧品を中心とするビューティーケア事業のみではなく、しっかりと関連性と統一性を持った多角化ができている点が、まず上げられるが、こうした日常品への事業領域の拡大は、需要全体が景気変動の影響を受けにくくなると言うメリットをもたらしている一方で、社員は希望外の事業や職種にも配置展開されるリスクがある。

こうした事業構造を背景にし、企業努力を重ねた事で花王グループは2010年から増収増益を連続して達成しており、経営基盤が非常に強固な事が伺える。

またこうした事業を支える研究開発分野でも、相乗効果と各事業の関連性を意識した分野設定や運用がなされている事も強みと言える。

また昨今、非常に重視されるコーポレートガバナンスや企業倫理の観点でも、花王グループは高く評価されている点も強みにはなる。

一方で弱みとしては、化粧品を中心とするビューティーケア事業の営業利益率が2015年度に4.8%と収益率が低い事が上げられるため、この低さを、先に強みで記載した他の事業でカバーする事で、全社での営業利益率10%を達成しており、この分野の収益率を高める事が、全社の利益を更に押し上げるためには重要と言える。

こうした化粧品ビジネスに対して、花王グループでは2015年11月に花王ソフィーナの大改革を軌道に乗せると共に、2016年度には2006年に花王グループに入ったカネボウ化粧品の大改革を進める等、化粧品ビジネスの立て直しに注力しているのが実態で、出向はリスクになる。

花王グループは化粧品等のビューティーケア事業の立て直しが急務な状況ですが、他の事業分野がいずれも高収益を達成しており、しっかりとした経営基盤とガバナンスの下に、この分野の収益の改善を図り、さらなる高収益企業へと発展する事が期待できる。

このように、花王グループについても、事業が好調だから転職したほうがいいという単細胞的な説明ではなく、的確に今後浮上するであろう転職後のリスクについても、しっかりと言及してくれる点では、エン転職など自販機型の求人サイトだけに頼っていては厳しい部分がある点は理解いただけたかと思います。

業界の動向など面接対策で必要な部分のフォローがない

下記については、エン転職では対応のなかった業界分析についてですが、こうした分析については、転職時の面接対策として、必ず業界出身でも抑えておいたほうがいいポイントになります。

この点については、エン転職では担当エージェントが付かないという点において、サポートがなく、連絡が来なかったのも、こうした要因によるのではと感じています。

日本の化粧品業界については、下記のように他求人サイトではレポートのまとめがありました。

主要18社の売上高で2兆円の規模で、年平均伸長率は1.3%となっています。また売上高営業利益率は平均で4.3%とまずまずの状況となっている点。

この業界に正社員として従事する国内の人員は、18千人で平均年齢は38.1歳となっており、その平均年収は540万円となっている。

日本の化粧品業界は伸長率が1.3%と先に記したように頭打ち状態であり、景気低迷下にあって需要は低価格高機能品が益々支持される状況が続いており、売上高が伸びない要因の1つとなっている。

業界のシェアーは資生堂、花王(ビューティーケア事業部門)、ポーラ、コーセーと続き、トップ2で業界全体の66%の売上高を占める構図となっている。

そんな化粧品業界ですが、平成20年にはフジフィルムが自社の保有するフィルムの材料に含まれるコラーゲンや、写真の色あせ防止に役立つ抗酸化技術を化粧品に応用してアスタリフトを発売している。

それ以降、アミノ酸技術を武器に味の素、酵母技術を応用してサントリー、グリコーゲンを武器に江崎グリコなど、本業の研究開発から生まれた成分を応用して、異業種からの参入が続いている。

国内需要は少子化の中で大幅伸長は期待できず、そんな中で独自技術を持って参入する企業が増え、化粧品業界は極めて厳しい業界となっている。

こうした状況下で化粧品メーカーが事業を拡大するには、海外展開の強化や、化粧品技術を応用して花王が展開しているヒューマンヘルスケア事業、ファブリック&ホームケア事業等への多角化が必要と考えられる。今後の企業戦略が非常に重要となる状況に置かれていると言える。

例えば、上記の点についても、志望業界が一社であれば、特に問題なく自分でも調べられるかもしれませんが、実際には志望業界含めて複数社になるうえに、実際に面接で聞かれる内容というのは担当者しかわかりません。

その点でも、効率的に聞けないエン転職よりは、より機動力が高く、的確に業界分析についても助言してくれるエージェントを上手く使ったほうが、自分の実力を100%発揮したうえで、より職場環境の優れている職場に転職できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です