ProXJ(プロックスJ)は使いやすいか?

アメリカ専門の日系転職サイトであるProXJ(プロックスJ)についても登録しているので利用の感想を書いておきます。

結論から言うと、日本からのアメリカ転職では使えない、と感じました。

ProXJ(プロックスJ)が、日本在住のアメリカ転職希望者にとって、使えないのかについてまとめていきます。

ビザサポートがない[/aside] 基本的に現地在住者で、グリーンカード保有者など労働ビザを保有している人向けの求人サイトです。

履歴書は勿論自分で作成[/aside] 英語でのレジュメ作成など、担当エージェントがつくわけでもなく全て自分でやる必要があり大変です。

担当のエージェントはつかない[/aside] 転職エージェントではなく、日系の求人が集まってくるサイトなので、サポートしてくれるエージェントはいません。

ProXJ(プロックスJ)の利用時の特徴

現地在住者のための日系求人検索さいとであって、転職エージェントではありません。そのため、自分で全て求人検索から、レジュメ作成、面談日程調整とすべて行う必要があります。

しかも、ビザサポートは基本的にないので、現時点で労働ビザを持っていないと利用することができません。

また、サイトの作り自体も非常に古く、メンテナンスされているのか非常に怪しい作りになっています。登録自体はできて希望的には問題なさそうですが、日系の綺麗なホームページに慣れていると少し警戒してしまうかもしれません。

そのため、現地在住、グリーンカード保有、という条件を満たしている人向けで、日本在住者は基本的に利用はできないと思ったほうが良いです。

利用の方法と流れ

ProXJ(プロックスJ)に、私は初期登録して履歴書も登録してみましたが、特に求人案件が紹介されたり、現地情報のメルマガが読めたりとかはなかったです。

あくまで、求人検索サイトであり、自分のペースで求人を見つけていく必要があります。

確認事項
・登録と利用は無料
・初期登録は15分程度(履歴書登録必要)
・ビザ持っている人向け

求人紹介

紹介する機能はなくて、検索ボックスに希望の勤務地などを入力して、検索するシステムを取っています。下記の登録画面から事前に会員登録が必要です。

category8/”>>>私が駐在求人を探した方法について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です