indeedには評判通りブラック求人は多いのか?

求人探しで利用したindeedだが、登録求人数は多いものの、応募が終了している求人も多く、微妙な求人サイトだと感じた。

・求人詳細が見れない
・他サイトの登録に誘導される

そもそも求人詳細はindeedから確認できず、提携サイトへ登録させられるだけでなく、毎回応募時のプロフィールなど入力が必要で、あまりメリットを感じなかった。

※ホワイト求人の掲載が多かった求人サイトについて

indeedは求人数が多すぎて、希望していたホワイト求人が見つからず、利用を中止した。

その後「ホワイト求人のみ掲載」「書類作成サポート」が充実していた下記DODAで、希望の求人を上手く見つけた。

>>DODA公式サイト(登録1分、経歴書不要)

indeedにはない応募時の経歴書作成サポートなどもあるだけでなく、希望に沿ったホワイト求人のみ紹介してくれた。

そもそもindeed検索でヒットするホワイト求人は、DODA掲載であることが多く、始めからDODAで検索したほうが早い。

indeedの登録求人にはブラック気味なところが多いのか?考察

各転職サイトが独自に保有する「非公開求人」は、Indeedでは確認できない点は大きなハンデに感じました。

非公開求人が閲覧できないデメリットとしては下記です。

・公開求人はブラック率が高い
・非公開求人に好条件求人が多い
・実際の年収相場が把握しにくい

登録求人数は非常に多かった一方で、いわゆる転職サイトで誰でも閲覧可能な公開求人が単にリスト化されているだけなので、実際に転職したいと感じるかというと微妙という印象です。

また募集要項でも年収条件を、300万円~600万円など、ほぼ参考にならないデータが入力されているので、年収で条件検索しても、欲しい求人リストが見れない問題点も感じました。

実際にどの求人が好条件なのか分かりにくいのと、アルバイト求人も多いので、私のように途中で利用を辞める人は多いのではないかと思います。

Indeedの年収相場がおかしいと感じた理由

Indeedでは、職種や勤務地を入力すると、数百件ある求人の年収相場が見れるのですが、やたらと低年収の求人数が多く、他サイトと比べても偏りを感じました。

これも原因としては、各サイトで平均的な求人の殆どが、非公開求人で一般公開されておらず、Indeedでも拾われていない求人が多いためと考察されます。

基本的には一律で掲載料金を払っている転職サイトの殆どが、公開求人をIndeedで掲載しているだけで、肝心な非公開求人の掲載までは許可していないからではと感じました。

さらに、応募時にも下記のデメリットを感じました。

・求人詳細を応募前に確認できない
・経歴書作成などサポートがない

どの求人に応募するべきか判断が困難だっただけでなく、indeedに履歴書の情報を登録しても応募時に再入力しないといけないなど、求人数は非常に多いメリットもある一方で、私は最終的には利用中止しました。

indeedについては、気軽に求人検索ができる点、登録求人数が非常に多い点でメリットに感じる人は多いと思うので、カジュアルに転職情報を探したい人に向いているサイトだと感じました。

確かに掲載求人数については、他転職サイトの公開求人を全て掲載しているので多いのですが、応募自体は他サイト経由になるうえに、検索条件の設定も甘く、実際に転職を決めるのは難しいサイトなのではと感じました。

indeed掲載の求人についてですが、基本的には大手転職サイトに掲載されている公開求人の内容を、サイト上でページ化して公開しているだけです。

実際に条件が良いと思われる求人については、各転職サイトなりエージェントに本登録しないと見れないため、indeed自体の機能は、ただ転職希望者を各種転職サイトに誘導するだけというチープなものです。

悪条件でも、ブラックでも関係なく、大量の求人を閲覧したいだけであれば利用価値はあるかもしれませんが、実際に応募する段階では機能しにくい求人検索サイトではと思いました。

下記は、提携している求人サイトのリストなのですが、大手から中小規模の転職サイトからエージェントと提携しています。

DODA
マイナビ転職
アデコ
ランスタッド
スタッフサービス
ネオキャリア
エリートネットワーク
ヒューマンタッチ
セントメディア

DODA、マイナビ転職なども提携しているのですが、求人情報を流すことによって、登録者が増えればマージンが貰えるようなシステムで運用しているようです。

求人の検索条件としては「年収」「雇用体系」「勤務体」で検索できますが、殆どの求人詳細を見ると分かりますが、年収条件は月給20万円~100万円など、かなり幅を持たせているので、あまり参考になりません。

基本的に300万円~600万円などであれば、基本は300万円前後で交渉しようとしてくるので、下値が実際に提示される条件だと思ったほうが良さそうです。

応募時の登録内容の確認が面倒

直接企業が募集している公式採用ページの掲載もありますが、非常に稀ですし、実際に応募段階になっては、それぞれ応募フォーマットが違うので、毎回入力情報を変更する必要がありました。

転職サイトなどであれば、一度登録すれば、そのまま複数企業に応募できるのと比較すると、微妙な設計になっていると感じました。
志望動機などを求められる場合もあれば、職務経歴についてもも字数制限が各社で違ううえに、応募後のフォローも転職サイトと比べてもないので、効率的に合否連絡を貰いながら転職活動を進めるのは難しいです。

indeedの求人ページは条件面での検索設定も甘いので、実際に応募しようとした求人がindeed表示のものとは違ったということもあり、再入力を求められることもありました。

何故別サイトへの誘導が行われているのか?

indeed利用すると分かりますが、応募しようとしたり求人詳細を見ようとすると、別転職サイトに飛ばされてしまいます。

場合によっては応募時にindeed登録の経歴書などが、入力フォームに反映されていたりするのですが、殆ど場合においては自分でゼロから入力になります。

また転職サイトに誘導されてからは、まず該当の転職サイトに登録してから、希望求人に応募するという2ステップ必要になる点でも利用しにくいと感じました。

他サイトへの誘導が行われている背景については、誘導先のサイトからマージンを貰っているためで、indeed自体は企業とのコネクションがなくても求人情報を収集できるうえ、マージンも貰えているようなので、素晴らしい経営サイドとしては素晴らしい求人サイトだと思います。

募集企業のメリットについて

indeed利用をしている企業側の思惑についても考察しておきますと、indeedはアクセスが非常に多いので、転職サイトに普通に掲載している微妙な求人でも、転職希望者を集められるというのが支持を集める理由のようです。

またリクナビネクストなどに求人広告を出すと、応募者が集まらなくても、アップフロントで先払いなのに対して、indeedは勝手に応募者を集めてくれるに、それに対してコミッションを払うだけなので、リスクが少ない点があげられます。

企業採用担当者の場合は、どうしてもギャンブル的な施策を打つのは、責任を取らされる恐れもあるので、控えがちなので、上手く人事部のニーズをくみ取った転職サイトになっているのだと思います。

ただ、実際に応募者を集められても、直接採用の場合はバックグラウンドチェックなどが面倒なので、結局は転職エージェントなどの代行してくれる会社を利用しているので、実際には採用しないけれど候補になりそうな人を格安で集めてくれる転職サイトという位置づけなのですがと感じています。

indeedは他転職サイトと比較しても使えないのか

他の転職サイトよりもindeedを使うメリットについては、あえて考えるとすれば、とりあえず求人検索したいだけであれば、登録なしでも何となくの求人相場を見ることができるという点にあります。

例えばindeedで「営業」「東京」「広告」などで検索すれば、大体の下限相場が出てきますので、年収300万円が何件、年収500万円が何件と出てきます。

それぞれの求人で求められる募集要項を読めば、営業経験2年であれば、年収相場はこれくらいだと判断できる点では、リクナビネクストなど公開求人でも、すぐに募集要項を確認しにくいサイトよりも、統計的に相場を見ることができると思います。

とはいえ、リクナビネクスト、マイナビ転職などと比較しても、indeedが使えるサイトかというとそうではなく、圧倒的にデメリットになりうるのが、経歴書や面談対策で、使えない転職サイトだと評価されているのも納得できます。

下記は、個人的にindeedが使えないと感じたポイントです。

・各サイトに掲載されている求人全てを表示してくるので重複が多い
・年収の幅が酷い

実際に条件に納得ができて転職したいと思っても、応募して選考に通らないといけないのですが、実際に書類選考から不利なのが転職サイトで、エージェント経由で理論武装してきた候補者にはどうしても負けてしまいます。

結論としては、indeedは求人検索機能を使って、希望求人の大まかな相場を確認したりする程度で、流し見して実際の応募はエージェント経由でしっかりと決めるというのが、現時点でのベストかと思います。

indeedはmonsterなどより優れているのか

indeed以外にも海外発祥の求人検索サイトしては、monsterなどがあるのですが、実質的にはindeedのほうが上手く運営されていると思います。

理由としては、monsterはどちらかというと英語圏のみでの運営なので、殆ど現地に適応した情報提供ができていないためで、英語話者専用の求人検索サイトだと考えておくべきです。

他にもglassdoorやlinkedinなどもありますが、企業情報などのほうに情報が集中しすぎていて、実質的に求人応募するレベルでは適性はないと感じています。

日系企業の運営している求人検索サイトとしては、リブセンス運営のジョブセンスなどがありますが、こちらも最近は勢いが落ちてきていて、ブランドリニューアルなど小手先のてこ入れをしている状況なので、暫くはindeed一強が続きそうです。

また買収を通じて、運営がリクルートになったことも、自社でも求人情報を収集できる強みを存分に発揮できているので、とりあえずindeedで求人を探す人は今後も増えていくと思います。

新着求人メールは受け取ったほうがいいのか?

新着求人情報メールを受け取るオプションはありますが、購読しても殆ど読み切れないので、都度求人検索したほうがいいです。

1日に何件もメールが来るだけでなく、他転職サイトに登録していると、同じような求人案内メールが大量に来てしまうので、あまり参考になりませんでした。

個人的にはメールで求人案内しても、殆ど迷惑メール状態になってしまうので、早く廃止すればいいのにと思っています。

私が違うだけで、メールで求人情報を見たいニーズは一定するあるのかはわかりませんが、現状は購読者を増やして、求人広告で上手く売りさばきたいのかなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です