Spring転職エージェント(アデコ)は評判通り登録しないほうがいいのか?ブラック紹介など感想

Spring転職エージェントについては、確かに転職サポートは丁寧だったのですが、かなりスピード感を犠牲にしており、登録後に求人紹介があったのは3週間後でした。

・ホワイトのゴリ押し
・紹介案件が非常に少ない

上記の点でも、とにかく希望求人とは程遠い内容で求人紹介があり、結論としてはダラダラと転職活動ごっこをして冷やかしたい人には向いているエージェントなのではと感じました。

私がSpring転職エージェントを利用しなくなってしまった理由は、担当者のホワイトゴリ押しのウザさ…

まず、私がどのようにしてSpring転職エージェントに登録するに至ったか、そしてどうして利用をやめてしまったのかという部分に関して話して行きたいと思います。

ちなみに、私が利用した時はアデコ転職エージェントでspringエージェントではなかった点にだけは言及しておきます。

釣り求人は多いのか?spring転職エージェントとの出会い。

Spring転職エージェントは外資系の会社への転職実績が高く、外国企業での人事サポートなども行なっているアデコグループが運営しているという事もあり、口コミなどを見るとマーケティング職への転職などに強いという事もあり、ITに強いという最近多い転職エージェントは一線を画するエージェントだと思い登録してみました。

登録前に口コミを見る限りでは、外資系なので転職希望者を選定するハードルが高いらしいという情報があったので、面接にたどり着けるのかは心配でしたが、勤続年数が短く第二新卒扱いになるという部分があったからか、すんなりと通過。

面談は秋葉原のオフィスで行われました。自己紹介シートなどの記入に置いて他のエージェントと違う部分が、私の仕事内容や、仕事ペース、会社での立ち位置などのヒアリングを基にして自己紹介シートの作成を行なってくれるという部分。

この時はこういう部分をしっかりとしてくれると、書類応募先の企業とのマッチにおいてかなり大きな影響が出る部分だし、サポート体制がかなり良さそうという印象を抱いていました。 しかし、その後の担当者の説明で私の印象は一気に下がってしまいます。

とにかくしつこい、ホワイトのゴリ押し!

自己紹介シートを記載した後に担当者から10ほどの案件を紹介されてそれぞれの企業の説明をされました。

あらかじめ希望職の案件を探しておいてくれたのはよかったのですが、10件しかないというのは、今までのエージェントと比べて圧倒的に少ないために、若干物足りなさがありました。

そして、企業の説明に入るのですが、ここの企業の就業時間帯はどうのこうの、残業時間があまりなく、離職率が低いことや、自分が今まで紹介した転職者も入っておりしっかりと定着していますという話が続く。

実際自分はどちらかというと、年収アップと残業などには特にこだわりがなかったためにこの部分に関してはそこまで重視していませんでした。

その点を告げたものの、実際入ってみれば年功序列で確実に年収が上がっていくということや、離職率の低さからしっかり考えた方がいいという主観の押し付けが始まります。

ぶっちゃけた話、まるで企業の人事なのかというレベルでその企業をプッシュされ、実際に働いてみないと人間関係などの部分で判断が行かないものが多いのに客観的にみてもホワイトだからオススメで、私が何人も転職させましたという自慢じみた話も始まりかなりしつこかったです。

ですが、ここでじゃあいいですと言って帰るのももったいないので、これはこれで応募はしてもらいましたが、他の案件、特に年収アップの案件を用意してほしいということを告げて面談を後にしました。

口コミサイトに騙された…他案件の用意の遅さ

あの鬱陶しい面談の後二週間ほどが経過して、最初に紹介された案件の面接も順調に進んでいました。

面接のフィードバックの度にあれ以降紹介できる案件はありましたか?と何度か聞いたのですが、まだ先方と話がついていないんでなど言い訳が多かっただけでなく、今応募しているところに集中してそれが終わってからの方が気持ち的にも安心して次に望めますよと言われてはぐらかされ続けていました。

確かに釣り求人とかブラック求人をバンバン持ってくるワークポートのようなところと比べればない方がマシなのかもしれませんが、この部分に関して私はサポートのスピードが非常に遅いと感じました。

こちらが積極的に動ければサポートがかなり手厚いという口コミを500人アンケートを取る系の口コミサイトで見ていたので、ああ、また嘘の口コミに騙されたのかと虚しい気持ちになると同時に、こっちが望んでるものに対して返してくれないSpring転職エージェントの担当者にイライラを感じ始めていました。

この部分に関しては、後から知ったのですがSpring転職エージェントは担当者が法人担当の役割も果たしているために、一人の担当者が一度に紹介できる案件に限りがあるということでした。確かにそういうことがあるのであれば、仕方がないなと思いますが、そういう事情ならばどうして言ってくれないのかとも思いました。

また、そういう風に企業と担当者の関わりが深ければ深いほど癒着がきつくなり、1つ1つの企業の見方が単一的になり、本当にそこがホワイトなのかどうかという部分もかなり怪しく感じてきてしまったので、私は途中でSpring転職エージェントの退会を決めました。

情弱のためのSpring転職エージェントの本当の評判を知る方法!

前項で説明したことから私の経験に基づいてSpring転職エージェントをオススメしたくはない理由となります。

これは私個人の感想であり、担当者にも色々な方がいるので全員が同じようになるとはもちろん思ってはいませんが、口コミサイトに書かれているメリット、デメリット共に虚偽が多かったのも確かなので特に的外れな口コミだったものを紹介していきます。

ステマと嘘にまみれた転職クチコミサイト

口コミサイトの500人アンケートセオリーというサイトを見て私はSpring転職エージェントに登録することを決めたのですが、ここに書いてある唯一のデメリットが「担当との関係が希薄で希望しない場合はサポートが弱い場合が多い」というものです。

希望しない場合はサポートが弱い場合が多いということは裏返せば、能動的な意識しか持っていたらそもそも転職という選択肢に至らないため、普通の転職希望者にとってはデメリットもないと思っていました。

しかし、実際登録してみると、希望していてもサポートが薄くてかなり蔑ろにされている部分が多かったです。

他にも口コミを見ていると、そのデメリットはやる気があれば実際そんなことありませんでしたというような、口コミ投稿が多かったため完全に信用してしまいました。

実際によく見てみると、メリットデメリットをただ補填するだけのような口コミばかりで、なんだかんだ批判するような口コミはありませんでした。

500人アンケート系サイトは恐らく、あらかじめ設定したメリットデメリットに関して文章を書き進めていき、その後そのメリットをより一層引き立てる、もしくはデメリットを補填するような内容を口コミっぽく書かせてサイトに掲載することでステマをしているような、転職活動における情弱を利用しているサイトなのだと思いました。

彼らのやり方としては、一番推したい転職サイトがあるものの、一つのエージェントだけでは足りないことが殆どなので、特定のサイトを推すために他のサイトを貶すということをしないで、そこにも登録を促すことで利益を万遍なく獲得するような手法を取っているのではないかと考えられます。

しかしそう言ったサイトは実際参考になるのは統計を取ったランキング程度で他の内容はかなり薄い一般論をひたすらいう程度の内容なため、私はSpring転職エージェントの一件で真偽を語るペラペラの口コミは信用に値しないと判断しました。

2chの方があてになる?信用に値したサイトはほぼなさそう

Spring転職エージェントの利用を停止してから実際の自分の経験と口コミサイトの批評を比較していてあてになりそうなものがあるかを探していました。

まず最初に口コミを投稿(検閲が入って都合の良い口コミしか採用されない)というサイトが検索の上位に出ていたので見て見ましたが、こちらのサイトは口コミがメインで、メリットデメリットに関してもかなり内容が薄っぺらいものでした。

そのため、エージェントのメリットデメリットの部分はかなり適当に書いているんだろうなという印象がありましたが、口コミに関してはいい意見、悪い意見を両方掲載しており口コミに関しては信用度の高さを感じました。

ですが、悪い口コミを見てみるとそもそも案件提示前の評判の悪さが多く、実際利用したけど悪い印象を抱いたという口コミの少なさは悪い意見は無理やり作り出しているのかもしれないという印象を抱きました。

外資系のエージェントだから、とりあえず外資に強いと言えばいいのか…

その他の口コミサイトをしっかり調べていると、一番多かったのは外資系の案件に強いという部分でした。

この口コミに関しては、私の考えからすると正直なところ担当者次第といったところです。

先ほども言ったように担当者が担当している法人としか基本的に繋がることができないので、担当者が外資系法人と繋がっているかどうかが問題となります。

そのため、安易に外資系の案件が多いので、外資系への転職を希望している方にはオススメですと言った、2chで拾ってきたような情報を適当に編集して書き下ろしているだけのサイトだと思います。

こう言った問題をSpring転職エージェントで解消するためには、しっかりとこちら側の意向を転職エージェント側に伝えて、最初からどう言った企業にいきたいということを伝えてそれに沿って担当者を選んでもらうことが必要だと考えられます。

ですが、外資系に強いということを言っているサイトが一概にダメなサイトな訳ではありません。

Spring転職エージェントが世界展開をしているために、外資系企業とのやり取りのノウハウを持っており、そう言った部分で外資系に強いというような意見を言っているサイトはかなり参考になるのではないかと思います。

私が見た中では転職のハナシというサイトは、しっかりとした口コミから分析しており、デメリットの部分に関しては特に私が経験したものと一致しています。

また、この転職のハナシのメリットにはアホな口コミサイトに書いてあるような、非公開求人の多さ、誰でも受け入れてくれると言ったふわふわした、ここにだけしか当てはまらないというわけではないメリットが少なくかなり信頼度が高いと考えられます。

私の経験のみだと多少は偏った意見になるため、他の意見も気になる方はそう言ったサイトを探してみると、貴重な意見を手に入れることができると思います。

結論をいうとSpring転職エージェントは、こちら側が担当者をある程度選定することができるのであれば、釣り求人やブラック求人が少ないために時間はかかるもののいい結果を得ることができる転職エージェントである可能性があります。

また、利用停止に至ってからの連絡がしつこいなどということもなく、ただ単に悠長に転職を進めているだけで悪質性は非常に低いとも考えられます。

ですが、私自身の経験から、下調べを尽くしてからではないとそう言った対応をしてもらうことも難しいのではないかと思うのでその時間を費やすのであれば他のエージェントを利用した方がいいと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です