ビザサポートのあるアメリカ求人を見つける方法

【2/12更新】日系グローバル、外資系企業の求人が多い転職エージェント

日系グローバル、外資系企業で海外関連求人を保有している転職エージェントは限られているので、グローバルキャリア構築をしたいのであれば「グローバル求人に強いエージェント」を利用する必要があります。

下記、グローバルキャリアを構築しやすい求人を扱っていて、当サイト経由で利用者数の多いエージェントを掲載しています。

※登録したからと言って、すぐに転職する必要はなく、求人を見てから実際に転職するか決めるべき

DODAエージェント(1月153人)

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

DODAであれば「グローバル日系企業」「外資系企業」の好条件求人が充実しています。紹介求人のバリエーションは広く、求人を確認してから実際に転職するか検討するべきです。

リクルートエージェント(1月64人)

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

DODAよりはグローバル日系企業の求人数は劣りますが、外資系の案件はそれなりに多いです。複数のエージェントを利用しておきたい場合は、リクルートエージェントも利用しておいてよいと思います。

アメリカ求人にはどんな職種があるのか?

アメリカの求人を探す時というのは、駐在員で行くか、現地採用で行くかといった働き方から、どんなビザを取得するかといったビザサポートの方法まで様々です。

 

それらと同じくらい、重要なのが職種です。私もそうですが、アメリカで働き始めることをきっかけに、キャリアチェンジする人も多いです。

 

職種別の特徴

 

職種による待遇やどのエージェントに求人が多いのか知ることはアメリカ求人を探す上で助けになるはずです。下記にそれぞれの特徴をまとめておいたので参考にして下さい。

 

マーケティング

私はもともと営業だったということもあって、マーケティングは初めてでした。アメリカへの転職を通じて、キャリアチェンジしています。

 

アメリカでは、マーケティングもセールスも大きな隔てがなく、マーケティングへのキャリアチェンジは簡単です。待遇としては、日本人の求人で年間$20,000-80,000は貰えて、比較的優遇されていると思います。

 

現地企業に転職すると一気に給料も上がります。

 

営業

日系企業の現地セールスの場合、顧客が日本人であることが多いです。給料はピンきりで会社によって全然違います。

 

アメリカは、車での移動が多いので、車の運転はセールススキルとは別に必須です。

 

私は恥ずかしながら運転が苦手で、アメリカではマーケティングに挑戦しました。

 

エンジニア

アメリカの場合、エンジニアはかなり優秀ではあり、トップ層のレベルは非常に高いのですが、慢性的に人材は足りていません。

 

そのため、日本で数年エンジニアで経験があれば、すぐにビザサポートをする会社が出てくると思います。

 

ちなみにシリコンバレーはもうブームは過ぎて別にシリコンバレーを目指さなくてもエンジニア需要はいっぱいあります。給料水準も日本とは比較にならないので、一度求人を見てみてください。

 

経理

アメリカで経理というと、USCPAなどの米国資格取得者だけのイメージがありますが、日系企業の経理募集の場合、資格は対して求められません。

 

たまにUSCPA歓迎などと書いてあることがありますが、USCPAをとってまで日系企業の経理で働こうとする人はあまりいないですね。

 

そのため、経理経験者だけでなく、未経験者も場合によっては、欲しがる企業は多いです。もしも、日本で経理未経験から経理職での求人を探していて見つからなければ、アメリカでキャリアチェンジしてみるというのもありです。

 

USCPA

USCPA米国公認会計士取得者は、絶対にアメリカで就職したほうが良いです。

 

別にBIG4だけが会計事務所でもないですし、アメリカの田舎の会計事務所でも仕事は腐るほどありますし、給料もいいです。

 

日系会計事務所、日系企業メーカー、商社なども常勤のUSCPAは欲しがります。

 

アメリカでのUSCPAの求人を見る方法

 

財務

USCPA取得とは関係ないのですが、日本の事業会社で財務をやっていた人や、コンサル経験者でMAなどやっていた人は、アメリカで財務ポジションで仕事は結構あります。

 

日系企業はこういったブレーン系の職種に弱くて社内で派遣できる人材がいないんです。給料も良いですし、ビザもおりやすいので良い選択です。

 

貿易会社

アメリカには日系貿易会社は数がたくさんあって、ELビザ発給にもすごく慣れていて、アメリカに移住したいのであれば、面倒味の良さそうな貿易会社を見つけて転職するのがよいです。

 

退職率も低く、税金対策で社宅も持っていることが多いので、現地での待遇は日本の貿易会社に就職するよりいいと思います。

 

アメリカでの貿易会社の求人を見る方法

 

旅行会社

JTB、HISなど人気旅行会社の場合、現地法人を持っていて定期的に人を募集しています。

 

ジョブローテーションで海外勤務が決まる本社採用よりも、アメリカ法人からキャリアスタートさせたほうが夢が叶う可能性は高いです。

 

現地旅行会社へのステップアップもできるので、幅広い選択肢になりえます。

 

アメリカでの旅行会社の求人を見る方法

 

留学カウンセラー

カナダやオーストラリアの留学カウンセラーが人気ですが、なぜ人気なのか知っていますか?ワーホリビザで働かせられるからなんです。

 

ビザが取りやすく、斡旋している業者は儲かりやすいです。人気に見えるのはそういう業者が広告うっているからなんです。

 

実際に留学カウンセラーから教育や国際交流に関わってみたいのであれば、アメリカの正社員採用の留学カウンセラーで働いたほうが絶対良いです。ちゃんとエージェントを選べば、斡旋料も取られません。

 

アメリカでの留学カウンセラーの求人を見る方法

 

転職エージェント

これも意外に穴場なのですが、現地の日系転職エージェントは日本人の社員は多いです。

 

リクルートエージェントもそうですが、JACなんかも定期的に人を募集しています。

 

常に人が足りていないのはリクルートエージェントというのも聞くので、求人リストを貰うタイミングでリクルートエージェントの自体のアメリカ求人は補充していないか聞いてみるのも良いと思います。

 

まとめ

 

以上の説明、参考報酬については、年俸制度のアメリカではボーナスは込で計算しています。アメリカの場合、交通費、住宅手当など全部込みで計算されるので、手取りが日本より多く感じます。

 

保険、家族手当も充実しており、日本よりも全然待遇が良いと思います。下記にもそれぞれの職種の詳しい説明がありますので参考にしてみてください。

職種別に求人を探す記事一覧

未経験から商社など貿易会社への転職活動を進めて、転職した私ですが、2年ほど前から希望していたアメリカ勤務になり、海外で働くという一つの目標も達成できました。とはいえ、未経験からの転職だったこともあり、下記の点には注意して転職活動を進めました。大手貿易会社の求人のみ狙った未経験からの研修サポートが充実した企業に絞った研修など働きやすい環境があるのは大手貿易会社の求人なので、そもそも採用枠の少ない中小...

都内のIT企業でプログラマーとして新卒で入社した会社で4年間働いたのち、アメリカ駐在のプログラマー求人で転職しています。「海外勤務」のプログラマーというと、日本では「スーパーマン」のように思われがちですが、私の経歴はプログラマーとしては下記のように凡庸だと思います・国内の私立中堅大学卒・留学経験なし(TOEIC720点くらい)それでも、アメリカに来てみてプログラマーとしてであればアメリカには日本人...

私もそうでしたが、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどであれば留学需要も多いため、日本人向けの留学カウンセラー求人は見つけやすいです。私は当時は労働ビザなどもありませんでしたが、下記の2つのルートで海外勤務の留学カウンセラー求人を探しました。海外で働いている知人経由非公開求人として転職エージェント経由私は知人のコネクションでは留学求人は見つからなかったものの、転職エージェント経由では留学...

私自身は他業界で4年間働いた後、「旅行会社」の海外支店に現地採用で転職したのですが、海外勤務を狙うという目的で転職するなら旅行会社は悪くない選択肢だと感じています。HIS、阪急、JTB、日本旅行からブッキングドットコム、Expedia、Agodaなど外資系旅行会社まで企業数は多かったのですが、実際に海外勤務求人を探す際は、下記を意識しました。なるべく大手旅行会社の海外勤務求人で探す労働ビザのサポー...

USCPAとして転職している私ですが、実際にUSCPA求人で求められる経験などは、実際の求人を確認するのが早いです。何社か転職エージェントを利用していますが、それぞれのサイトごとの評価が下記です。・ビズリーチ(具体的な求人内容に乏しく微妙)・ジャスネット(提示年収が低い)・パソナ(数が少ない)・DODA(数と質の点でOK)DODA公式サイト(https://doda.jp/)で確認すれば分かるので...