ドイツ勤務の求人

私がドイツ勤務の日本人求人を探して転職した現在について

ドイツで働くためにどうするべきか?と質問されることは多いのですが、結論としては日系企業のドイツ駐在求人を探すべきです。

 

ドイツはEUでも、日系企業が多く、ドイツ駐在求人も募集が多いためで、下記の業界が多いです。

 

・自動車
・IT、WEB系

 

営業から資材調達など、現地の日系企業の担当者とのやり取りも多く、日本語話者が重宝される傾向もあるため、ドイツ駐在求人は意外と狙い目だと感じています。

 

※ドイツ駐在求人が多い転職エージェントについて

 

ドイツ駐在だと、ハンブルク、ミュンヘン、ベルリンあたり勤務できる日系企業の駐在求人は多いです。

 

私自身も、日本から求職活動して、現在の日系企業の駐在求人を紹介してもらったのが下記DODAでした。

 

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

 

DODAでは現地採用求人はないのですが、ドイツ現地採用はドイツ語がネイティブでないと待遇が良くないので、駐在求人から探したほうがいいです。

 

フランクフルト、ケルンなど中堅都市での勤務も可能な求人もあるので、求人を見てから実際に転職するべきか決めるべきです。

 

ドイツ大使館の日本人採用求人が鉄板なのか?

 

独検2級程度のドイツ語能力の私ですが、ドイツ語を実践的に使いスキルアップできればと「ドイツ語を使える」求人で転職しました。

 

とはいえドイツ語を使える求人探しで、苦労したのが下記の点です。

 

・ドイツ語を使う求人を持っている転職サイトが少ない
・そこまでドイツ語E能力を見られない

 

ドイツ語を使うような求人であれば「ドイツ語」能力をもう少し見られると思っていたのですが、実質的にはドイツ語以外の経歴についても評価対象になるので、経歴書作成からアピールが必要だと感じました。

 

とはいえ、ドイツ語ネイティブでなくても、日本人でドイツ語が日常会話レベルでも分かるというのは転職では非常に有利で、日本語しか使えない求人よりも圧倒的に提示年収も高いです。

 

その中では、在日ドイツ大使館で、日本人でドイツ語を使える人材採用については、比較的需要はあるので、一つの候補に放ってくるかと思います。

 

とはいえ、ドイツ大使館での求人の場合は、給料などよりは、大使館で勤務しているという箔をつける意味合いや、ドイツ人配偶者の日本での働き先としての側面が強いです。

 

そのため、最終的なゴールはドイツで働くことだった私は、ドイツ大使館で働くことよりは、ドイツ語を使える環境で経験を積むことを重視しました。

 

ここでは、私がドイツ語を活かして求人探しをするうえで徹底したことを、ドイツ語需要の今後の可能性なども考察しながらまとめておきます。

 

ドイツ語可能な求人需要は今後も増えるのか?主要企業の動向

 

ドイツの主要産業は工業であり、その中でも自動車、化学・薬品、光学機器、機械、金属、電気機器等がメインとなっています。こうした分野は、戦前から科学技術力の高かったドイツの得意分野と言えて、ドイツ語を使える日本人需要も強いです。

 

またドイツの産業構造は、他の先進工業国に比較して、中小企業の割合が比較的高いと言う特徴もありますが、もちろん各工業分野を牽引する大企業も多く存在します。

 

自動車産業では、メルセデス・ベンツ、ポルシェ、BMW、アウディー、フォルクスワーゲンと言った世界的に有名なブランド企業が挙げられます。

 

ドイツ系メーカーでのドイツ語求人需要は今後も高い

 

そんな中でも2016年の売上高では、フォルクスワーゲンブランドの他、アウディー、ポルシェ、ベントレー等の企業を傘下に持つフォルクスワーゲングループが2,315億米ドルで世界の企業ランキングの7位となっています。

 

日本のトヨタの2,522億米ドル(世界企業ランキング5位)に肉薄する巨大な自動車メーカーとなっていて、トヨタが世界中で雇用拡大に貢献しているように、日本人でもドイツ語を使える人材は常に求人募集されている状況です。

 

また化学・薬品の大手としてはバイエルグループが上げられて、メーカー周りでも日本のソニー、日立のように日本語ができる、ドイツ語ができるなど、バイリンガル、トリリンガルは求人価値は高いです。

 

このバイエルグループは150年の歴史を持つ老舗企業で、医療用医薬品やヘルスケア製品の他、農業関連製品や高分子材料等の広範な化学製品も提供する企業です。

 

2016年のグローバル売上高は467億ユーロ(1ユーロ125円換算で5兆8,460億円)となっています。バイエルは日本法人として100%出資のバイエルホールディングを設立し、その傘下にバイエル薬品(株)、バイエル・クロップサイエンス(株)を置き、日本でも事業展開を行っています。

 

翻訳よりも企業勤務のドイツ語人材が需要高い

 

また電機大手としては、シーメンスが有名です。シーメンスは1847年に設立され、変化とグローバル競争の激し業界で、165年の歴史を刻んで来ました。

 

現在は重電関連を中心に9事業本部制で事業展開しており、2015年の売上高は756億ユーロ(1ユーロ125円換算で9兆4,500億円)で、純利益73億ユーロ(利益率9.7%)と好調な経営を行っています。

 

シーメンスの本社はドイツ南部のバイエルン州のミュンヘンにあり、余談ですがこのミュンヘンのドイツ博物館に展示されている物理・電気・電機関連分野の展示物の大多数はシーメンス製で、まさにシーメンスの歴史館といった趣を感じるほど歴史ある名門企業と言えます。

 

さらに、光学機器メーカーとしては、カール・ツァイスやライカが日本でも有名ですし、映画用カメラの世界的メーカーのアーノルド&リヒター等が挙げられますので、翻訳や通訳系で求人探しをするにしても、企業お抱えで働いたほうがチャンスは多いです。

 

またドイツ語翻訳求人などは、殆どが大学教授や准教授などが副業的に独占してしまっているので、単価下落も激しく(彼らは翻訳以外でも収入があるため)、今後もあまり求人マーケットは拡大しないと思われます。

 

今後もドイツ語求人では日本人が求められると実感する理由

 

ドイツは世界でも有数の先進工業国であり、貿易立国でもあります。GDPはヨーロッパにおいて第1位であり、経済的にもEUをリードする盟主と言えて、日本とも親和性が高く、日本人技術者以外にも営業、交渉、企画求人においても日本人は求められる傾向があります。

 

このドイツの貿易相手国を地域別に見ると、輸出入ともヨーロッパが全体の2/3程度を占めており、次いで輸出ではアジアが16%、アメリカ12%となっており、輸入ではアジア18%、アメリカ8%の順となっています。2016年の貿易収支は2,520億ユーロ(1ユーロ125円換算で31兆5,000億円)の巨額の黒字を計上しています。

 

また実質GDPの成長率は2014年が1.6%、2015年が1.7%、2016年が1.9%と堅調な成長を継続しています。また失業率は2014年6.7%、2015年6.4%、2016年6.1%と良化はしているものの、やや高めで推移しています。

 

一方、財政面においては、2010年には財政赤字が対GDP比で3%あったものが、2013年以降は赤字がなくなり、健全性を保っているように、ドイツ語でビジネスができれば、英語にも匹敵するような規模で、グローバルビジネスに参加できる可能性が高まります。

 

これは英語、スペイン語、ポルトガル語と比較しても、話者が少ないわりに1社規模で見ると売り上げも多いため、企業勤務であれば高年収が見込めるということを意味します。

 

ドイツ出張など通じてドイツ語改善につながる

 

ドイツと日本は、第2次世界大戦の敗戦国であり、その後先進工業国として世界で重要な位置を占めるまでになったと言う共通点を有する国で、価値観を共有する友好国と言えますし、現地での日本人需要はサッカーなどスポーツ以外でも実は強いです。

 

ドイツ人と日本人カップルも多いのも、ドイツ人と日本人の相性が良いことを暗に示しているのではないかと思います。

 

経済的な繋がりでは、ドイツにとって日本は輸出相手国として17位で、輸入においては15位となっています。これは共に先進工業国で、お互い自国で賄える産品が類似している事が原因と思われますし、それが対外的に求人募集するような理由にもなっていると言えます。

 

また日本勤務でドイツ語を使うような求人の場合は、ドイツ出張などの機会も多く、生のドイツ語練習に繋がりますし、その後のスキルアップからキャリア的にもプラスに出来る要素が多いです。

 

ドイツ語で現地で仕事をして感じた物価など

 

ドイツの物価と日本の物価を比較した場合、まず家賃は旧西ドイツの都市部でも日本の都市部よりも少し安目で、旧東ドイツではさらに10%から30%安いのが相場です。

 

日本の消費税に相当する税金が19%と高いものの、食料品や生活必需品は7%と低く設定されている為、日常品でも日本と同等の感じを受けます。

 

また、ヨーロッパの各国を旅行された方は、ホテル等の宿泊費もイギリス等に比べれば、非常に安く感じられる様に、日本と同等ですし、格安のホテルはドイツの方がむしろ多いかも知れませんし、観光地化しているミュンヘンなどはドイツ語も実はそれほど使わないことも多いです。

 

逆にドイツ大使館求人の場合は、ドイツ現地ではドイツ人が主要な働き手になるので、日本在住者以外には、選択肢になりにくい点ではデメリットかと思います。

 

一方で、日本に比べて高いものとしては、電気、ガス、水道等のインフラ関係や外食費が上げられます。特にレストランで食事をした場合、日本と比較して高いと感じる事が多い様です。

 

生活・住環境として重要な物価は、品目による違いがあるものの、日本と比較してほぼ同様と言えますが、治安面ではどうでしょうか?

 

ドイツはヨーロッパにおいて、治安の良い国として知られています。しかし、近年ではヨーロッパ全体がテロの危険にさらされており、この点ではドイツも同じと言えます。

 

また、移民や難民は、どうしても教育レベルや経済面で厳しい人の比率が高く、こうした人達が多く住む地域は、どうしても治安は良く無い傾向となっています。

 

しかし、大都市内の治安の良く無い地域を除けば、ドイツの治安はやはり良いと言えるでしょう。

 

また治安とは直接関係は無い項目ですが、タクシー料金がメーター通りに支払えば良く、チップや料金交渉も必要なく、こうした点も日本人には安心感を与えてくれます。

 

ドイツ連邦共和国大使館での求人探しとドイツ語を使う仕事を探す方法

 

この場合は、ドイツ大使館での勤務に繋げるためには、ドイツ語を使えること+技術職やIT系の資格がある、強力な翻訳バックグラウンドがあるなど、スキルが求められます。

 

これは主に競合することになる人材が、ドイツ留学からの帰国組、ドイツ人配偶者で日本で働きたい人など、いい意味で働かなくても問題はないが、それなりにやりがいを感じながら働きたい層が多いです。

 

そのため、日本でコツコツとドイツ語を学んで、ドイツ語検定などを頑張って勉強して資格取得しました、というドイツ系のバックグラウンドが相対的に薄い層には、やや厳しい。

 

他のドイツ語を使えれば、日本人でも雇用しますというドイツ系企業、日系グローバル企業などとは、希望者の層が全く異なるので、その点では買い手市場になってしまいます。

 

そのため、私の場合は、求人サイトなどで「ドイツ語」を使える職務内容の求人を、エージェントに紹介してもらったことで、業務でドイツ語を使うことを慣らしていく中で、最終的にはドイツ出張などドイツでビジネスできるレベルに到達したと感じています。

関連ページ

私が海外駐在の求人で転職する際に実践した2つのことと募集が多かった業界
アメリカ転職をするうえで、駐在員募集の多い業界を押さえておくことは非常に重要です。
マレーシア勤務の日本人求人を探す際に注意した点と応募条件
マレーシアで働く求人に募集にあたって、採用側で求めている条件としては英語はもちろん、いくつかアピールできたほうが良いことはあります。
ベトナム勤務できる日本人を募集している日系企業と探し方について
ベトナム駐在求人を募集している日系企業について、業界の傾向や待遇、現地の暮らしについてまとめています。
パリなどフランス勤務なら大使館以外に選択肢はないのか?日本人求人探しで苦労したこと
フランス勤務の求人探しで意識したことをまとめています。
カナダで働く求人を探すために私が実施したこと
カナダでの日本人求人についてビザサポートはどうなるのかなど経験を元にまとめています。