フランス語の求人探し

大使館含めてフランス語を使う日本人求人探しで苦労したことについて

フランス大使館での勤務含めて、転職先を検討した私ですが、まずはフランス勤務できる日本人向け求人で転職した理由が下記です。

 

・企業にビザサポートしてもらうほうが簡単
・単純に求人数が多い

 

フランスで実際に働いてからのほうが、大使館の求人募集を待ちやすく、フランス語能力も働きながら改善することができるので、現状ではフランス勤務を目標に転職活動を進めたのは正しかったと感じています。

 

※フランス駐在求人など多い転職エージェントについて

 

ここ数年で、駐在求人の募集が増えていることもあり、私もフランス駐在を募集している企業を中心に転職活動を進めました。

 

最終的に、私が利用した転職エージェントでは「フランス駐在」「ベルギー駐在」など求人を中心に紹介のあった下記DODAでした。

 

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

 

現地採用よりも駐在のほうが待遇も手厚く、日本人でも応募できる求人数は多いため、現地採用に拘らず求人探しを進めました。

 

フランス語能力についても企業ごとに求めるレベルが違うので、実際に求人を見て、転職するべきか判断できたことも満足いく転職に繋がったと感じています。

 

フランス大使館での求人募集は少ない理由とフランス語で求人を探す際のポイント

 

私のフランス語能力の改善に貢献したのは下記2つでした。

 

・クライアントとのフランス語でのやり取り
・フランス出張など現地で使った

 

やはりフランス語を実践的に使うことで、能力的にも向上するだけでなく、ビジネスでフランス語を使った経験も磨かれるので、2年前にフランス語を使える求人で上手く転職できたのがターニングポイントになりました。

 

ここでは、フランス大使館での日本人採用の可能性はあるのかなど、フランス語を使える求人の探し方、今後個人的に考えているフランス移住(現地駐在など)について、考えることをまとめておこうと思います。

 

大学から勉強したフランス語については、仏検2級程度ではありましたが「フランス語を使える」求人で転職したことをきっかけに、大幅にフランス語能力も向上しました。

 

フランス大使館の公式サイトでの求人募集の掲載については、非常に少なく、1年に何回か、若干名の採用がある程度で、募集を見つけるのにも苦労しました。

 

一般的にフランス大使館で募集していると言われている募集案内については、留学生の募集であったり、広報的な側面が強く、大使館の求人募集ではないことが多いです。

 

外人部隊の募集などはありますが、恐らくは普通に日本で働いている人で、フランス大使館で働きたい人には関係ない募集なのではないかと思います。

 

さらにフランス大使館では、フランス人配偶者など、フランスとすでに語学面以外での繋がりのある人材が多いようで、ノーコネクションからフランス大使館で働くのは、難しいのではと感じました。

 

そのため、私は基本的な求人探しの戦略として、フランスを語を使える職場で働きつつ、フランス移住など検討しつつ、チャンスがあれば大使館求人も狙うという方針で行きました。

 

フランス語を使える求人の特徴について

 

フランス経済は内需主導型の経済で、緩やかな経済成長が特徴と言えるのですが、その一方で慢性的に失業率が10%に迫る高水準と言う雇用問題を抱え続けているので、フランス語を使える人材を優先的に雇用するという傾向は強いです。

 

もしもフランス語を話せると自負できるレベルにあるのであれば、すぐにフランス系企業で日本進出している企業で、求人を探してしまうのがいいです。

 

さらに税金や社会保障費も高く、また各種の規制が強いのですが、逆にこうした参入障壁から、フランス語を使える求人というのは、慢性的に人材不足になっています。

 

今までは、フランス語翻訳家など、権威を盾に求人の流出についてもかなり制限していたところがあるのですが(そのためフランス語翻訳など報酬が異常に高い)、最近ではインターネットで情報共有が容易になり、フランス語を使う求人情報も出回りやすくなりました。

 

フランス財政とフランス語求人の需要

 

近年の経済状況としては、世界的な金融・経済危機の影響を受け、2008年半ばから景気が悪化し、2009年には戦後最低水準である−2.9%と言う大幅なマイナス成長を記録しました。

 

しかし、2010年,2011年と続けてプラス成長に転じ、経済は回復基調になりましたが、ギリシャに端を発した欧州債務問題の深刻化により、2012年以降再び成長は鈍化傾向を示しました。

 

2015年になって、ようやく景気は緩やかな回復に転じ、2015年〜2017年はそれぞれ1%台の成長率を確保していまるように、フランス語関連の求人も増加傾向にあります。

 

こうした背景下で、新たに就任したマクロン大統領は、5年間を掛けて法人税率を33.3%から25%に順次引下げ、また労働市場の柔軟化に加え、職業訓練や環境分野等に500億ユーロの積極投資を行う事で、失業率の改善や経済活性化を図るとしていて、日系企業のフランス進出も加速していて、求人需要も拡大しています。

 

フランスで求人需要の強い業界について

 

日本とフランスの経済関係は良好で、自動車産業では三菱自動車を含め日産とルノーのアライアンスは強固であり、またトヨタ自動車もフランス北部のヴァランシエンヌ工場で、生産を展開しているように、日本人のフランス語話者は求められています。

 

日系企業により多くの部品が提供されて生産されているエアバスを、ANAや日本航空が多数購入する等、航空機分野でも強い結びつきを持っています。

 

さらに三菱重工業とアレバやEDFのと提携、新日鐵住金とバローレックの戦略的提携の拡大、サントリーによるオランジーナの買収等、様々な分野で協力関係が進展していて、こちらも求人募集されることが多いです。

 

日本の企業は約490社がフランスに進出しており、約7万4000人の雇用を創出しており、フランスにとってはアジア最大の対仏投資国となっているように、実は日系企業はかなり進出しています。

 

また一方では、600億ユーロの歳出削減を行い、財政規律の健全かも合わせても図ると言う政策を打ち出しています。

 

フランスの財政収支は、2009年には対GDP比7.2%と言う大幅赤字でしたが、2015年は3.6%,2016年は3.4%まで赤字の縮小を図り、EUから受けた財政赤字の改善目標をようやく達成できた状況で、今後も爆発的な需要はないにしても継続的に人材不足は続いていくと思われます。

 

フランス語を使える日本人求人が多い主要企業

 

フランスの産業としては、まず農業が西欧最大規模であり、農業産品の輸出額は、EUにおいて20%のウエートを占めています。またワインの様に、加工品も有名ですが、ここでは日本人需要はあまりないです。

 

一方、フランスの主要な工業としては化学、機械、食品、繊維、航空、原子力等を挙げる事が出来て、こちらは日系企業の進出も多く、フランス語使える日本人求人需要は強いです。

 

繊維産業ではファッションの発信地として、エルメス、カルティエ、シャネル、ルイヴィトン等の有名ブランドがその本社をフランスに置いており、また世界的なファッションショーであるパリコレクションも超有名で、日本人も多数活躍していますが、バイヤー系の求人が多いです。こちらは、フランス出張だけでなく、ニューヨークなど世界各地への出張も多いので、肉体的にはきついと思います。

 

またフランスの先進的な工業分野としては、宇宙・航空産業や原子力産業が挙げられ、工業輸出品目でもこれらが中心となっていますが、大学院卒業などフランス語も専門性の高いスキルが必要です。

 

コンピュータや電子機器、産業機械や農業機械分野は弱く、輸入品目となっているので、エンジニア系の求人は少ないです。

 

フランスで求人募集される可能性のある企業名について

 

フランスの大企業の例としては、航空機産業ではエアバス社が挙げられて、日本支社ではフランス語が使える営業求人などの募集が多いです。

 

エアバス社はアメリカのボーイング社と世界で唯一戦える航空機メーカーで、本社は南フランスのトゥールーズにあり、従業員約5万9,000人を擁する企業グループで、主力機のエアバスは2013年現在で13,600機以上の受注を獲得しています。

 

2001年には、日本市場におけるマーケティングリサーチ及び販売サポート活動を展開するため、エアバス・ジャパン株式会社を設立し、日本での事業展開を推進しているのですが、フランス語を使える日本人は殆ど翻訳系に流れるので人材獲得に苦戦しているようです。

 

またフランスは、国内に58基の原子炉を保有すると共に、世界に原子炉や関連施設を輸出する世界的に認められた原子力産業の強い国です。これは、アレバ社と言う原子力関連設備を手掛ける大企業と、それを取り巻く2,500社に上る中小企業が60年に渡って培って来た技術によるものです。

 

アレバ社や中小企業を含めた原子力産業全体には、40万人以上が従事し、その売上高規模は2013年で430億ユーロ(1ユーロ125円換算で5兆3,750億円)となっています。

 

その他の産業分野では、金融・保険業のアクサ生命や、世界展開を行っているスーパーマーケットのカルフールも売上高世界ランキングで100位入りしているフランスの大企業で、日本法人ではフランス語を使える求人募集は多めです。

 

フランス出張時に感じた物価について

 

先進国の大都会はどこの国でも物価が高めですが、出張でよく行くフランスの首都パリの物価もインフレが続き、日本に比べて割高感が強くあります。

 

特に外食関連では、ランチのセットメニューが前菜+メイン料理またはメイン料理+デザートで16ユーロ前後が相場ですし、テイクアウト形式の店でもメインのサンドウィッチ+デザート+飲み物で7〜8ユーロで、やはり東京と比べても高いと言えます。

 

世界の物価比較でよく使われるマクドナルドのビックマックは4.35ユーロで、1ユーロ125円換算で540円となり、日本の380円に対して1.4倍で、やはり高い事が分かります。これは会社によっては、現地出張時の食事代など別途支給されるので、問題はないのですが、現地在住になるとまた話は変わってくると思われます。

 

また治安面では過激派によるテロが近年大きな脅威となっています。さらにこの過激派のテロを除いてもパリでは観光客を狙った置き引き、スリ、強盗等が多く注意が必要と言えます。

 

フランスには移民が多く、特に南部フランスのマルセイユやニース等の町を抱えるプロヴァンス・アルプ・コートダジュール地域州やミディ・ピレネー地方のトゥールーズ等の町は移民を多く抱えています。

 

その中でも特に移民が集中するマルセイユは失業・貧困層も多く、従来から治安の悪い地域でしたが、金融危機による不況の影響等で、犯罪件数が増加傾向にあり、犯罪者の若年化と過激化が進み一層悪化していますが、基本的にはパリ市内であれば今のところ問題は感じていません。

関連ページ

私が海外駐在の求人で転職する際に実践した2つのことと募集が多かった業界
アメリカ転職をするうえで、駐在員募集の多い業界を押さえておくことは非常に重要です。
駐在含めてマレーシア勤務の日本人求人を探す際に注意した点と応募条件
マレーシアで働く求人に募集にあたって、採用側で求めている条件としては英語はもちろん、いくつかアピールできたほうが良いことはあります。
駐在などベトナム勤務できる日本人を募集している日系企業について
ベトナム駐在求人を募集している日系企業について、業界の傾向や待遇、現地の暮らしについてまとめています。
大使館などドイツ語を使える日本人求人を探して転職した私の現在
ドイツ語を使える求人を探して転職してから、私が現在まで実践していることについてまとめています。