ビザサポートのあるシンガポール日本人求人で転職する方法

シンガポールでの求人探しでは、JACシンガポール、インテリジェンス、セールスブリッジ、SDS、RGFなどを利用したが、日本人で満足の行く条件で転職するなら、エージェントはある程度一本化したほうがいい。

理由としては、シンガポールではビザサポートが重要なのだが、複数エージェントを使っていると、担当してくれるエージェントも逃げられるのではと注力してくれなくなるため。

ここでは、現地で実現したい生活事情も考慮しながら、現地で狙うべき年収条件などを考察していく。

シンガポールの就労ビザを確実に獲得するにはサポートが必須な理由

シンガポールで必要な就労ビザだが、大卒と基本月給が3,300シンガポールドル(27万円)程度の職種での内定が、ほぼ必要条件になってくるため、日本で月給20万円前後で働いている人なら、実質的に賃金アップに繋がると考えて問題ない。

・Employment Pass
・S Pass
・Dependnt’s Pass

上記はシンガポールの就労ビザだが、EPをサポートしてくれる日系企業またはシンガポール企業で中途内定を取ることで、EPを取得してシンガポールで働けるようになる。

基本的には、日本で会計、財務などを担当していた専門職であれば、5000シンガポールドル前後(月給40万円前後)の求人でも狙っていけるが、シンガポールで一番多い営業職の場合は4000SGD(30万円前後)を狙っていくイメージとなる。

ただ、シンガポールでの営業職の場合は、コミットメントベースでの給料で、成約が多いほど給料も上がるタイプの求人が多いため、実績次第で現地でのステップアップも可能になる。

シンガポールで狙っていくべき営業求人について

シンガポールでの営業求人については、日本人セールスの需要は非常に高く、給料は30万円前後で募集が年中出ているので、シンガポールに転職するだけなら、営業募集を見て面接すれば、ほぼ通ると思う。

下記は、一般的なシンガポール在住の営業職の給料になるが、23万円前後で生活は可能。ただし、家賃に関しては、シンガポール人たちが優遇されて使えているHDBは使えないので、他都市と比べてもシンガポールは微妙だと思う。

・家賃:2000SGD(16万円)
・ユーティリティ:300SGD(2.4万円)
・食費:300SGD(2.4万円)
・ネット:10SGD(0.8万円)
・雑費:10SGD(0.8万円)

シンガポールはイギリスの情報誌であるエコノミストに、2014年、2015年と2年連続で世界一物価の高い都市としてランクアップされています。

シンガポールを旅行した時、日本に比べてホテル料金が高い以外は、外食も日本に比べてやや高めと言った感じを受ける程度で、ローカル色の強い所で食事を摂ればむしろ安いと感じる事もあるでしょうし、公共交通機関の運賃も安いと言えるでしょう。

そんなシンガポールの物価が、世界一高いとされる理由としては、家賃が非常に高い事が大きく影響していると思われます。シンガポール国民の大部分はHDBという公団住宅を安く購入し住んでいますが、外国人は直接購入が出来ません。賃貸に出されたHDBに住む場合でも家賃は18万円程度からと高額です。

シンガポールのコンドミニアムの価格について

日本のシンガポール駐在員の多くは、会社が住居費を負担してくれるのでコンドミニアムに住むことが多く、駐在員だとは30万円程度が一般的です。

従って現地採用でシンガポールに暮らす日本人の多くは、HDBやコンドミニアムをルームシェアする形で生活をするケースが多くなっています。

さらに自動車の価格は日本の3~4倍と信じられない価格となっています。これはシンガポールでは自動車生産をしておらず、全て輸入である事と、狭い国土に自動車が溢れる事を防ぐため、政府があえて高額になる政策を取っているためです。

シンガポールの治安は、日本と同様に世界的には良いと言えます。10万人当たりの犯罪件数では、日本の1/3と極めて少なく、安心して暮らせる。

シンガポール島と小さな島々で構成され、面積は東京23区と同程度の都市国家です。この小さな国土に560万人が暮らしています。560万人の居住者中、永住者であるシンガポール人は390万人で、170万人は永住権を持たない外国人となっています。

シンガポール国民は、人種的には中華系74%、マレー系13%、インド系9%で構成されています。この多民族性を反映して、国語はマレー語ですが、公用語として英語、中国語、マタミール語も認められています。

シンガポールはマレーシアから独立した当初、マレー人と中華人の融合の必然性から、リー・クアンユー氏の開発独裁が敷かれ、この開発独裁が国家の繁栄をもたらした代表例と言えます。

シンガポールで働くデメリットは貯金できないこと

シンガポールの1人当たり名目GDPは2016年において51,496US$で、日本の38,917US$に対して1.3倍で、世界第10位の豊かさを誇っています。(購買力平価で見ると世界第3位の国民所得とも言われています。)しかし、一方では世界有数の所得格差も存在しているのが現実です。

シンガポールの実質GDP成長率は、2013年には4.7%でしたが、2014年3.3%、2015年2.0%、2016年1.5%、2017年見込み2.1%と比較的厳しい状況が続いて来ました。

これはシンガポール経済が、極端な外需依存型の構造である事によるものです。具体的にはシンガポールの輸出はGDPの170%を超え、シンガポール経済が海外の経済状況に大きく左右される理由となっているのです。

近年の世界の経済状況を見ると、日米欧等の先進国ではグローバル金融危機後には循環的な経済の持ち直しが続いたものの、成長ペースは緩やかで、世界経済全体が慢性的な成長力不足に陥っていると言えます。さらに、近年ではシンガポールにとって最大の貿易相手国となっている中国では、重工業を中心に過剰設備の調整が続いており、これが主要因となって経済成長のペースが大きく落ち込んでいいます。

こうした状況下で、各国の貿易も伸び悩み、シンガポールの輸出も対前年割れを余儀なくされており、シンガポール経済が近年低迷している主要因となっているのです。

近年苦戦が続くシンガポール経済ですが、それでも世界の金融市場での信認は厚く、シンガポールの国債は、3大格付け機関から最高のランクを獲得しています。

シンガポールの日本人求人が多く出る主要産業と主要企業動向

シンガポール経済を支えている主要産業としては、製造業と商業、ビジネスサービス、運輸・通信業、金融サービス業等が挙げられます。

製造業では、エレクトロニクス、化学関連、バイオメディカル、輸送機械、精密器械等、比較的高度な分野が中心となっています。

この製造業は、海外からの直接投資を獲得する事で、高度化して来たもので、GDPの30%以上を稼ぎだしています。部材を輸入し、完成品を輸出する加工貿易で付加価値を獲得する事業形態が駐在だと一般的です。

またシンガポールは世界3位の金融センター、外国為替市場であり、さらに港湾取扱貨物量が世界2位と言う貿易、交通、金融の拠点機能を担っており、これも重要な産業となっています。

金融も狙い目だが営業が多いので年収は低い

こうした今日のシンガポールの地位を獲得できたのは、世界銀行が「ビジネス環境の現状」の報告書で、9年連続で世界において最もビジネス展開に良い国と評価した外資を導入するための各種優遇制度と、国民の教育を熱心に行い、良質な人材の供給を図って来た事に因ると言えます。

また教育とも関連し、多くの国民が英語と中国語、英語とマレー語の様に2言語使用者である事も、グローバル企業がシンガポールにアジア本社を置き、東南アジアや中国への展開を考えると言うビジネススタイルを決断させる重要な要素となったと言えるのですが、日本人現地採用だと年収は低いです。

シンガポールには、海外のグローバル企業も多く展開していますが、ここではシンガポール資本の主要企業を挙げてみます。

農業総合商社としてグローバルに事業を展開する企業として、オーラムインターナショナルがあります。このオーラムインターナショナルは、ナッツ類の生産、コーヒー豆やココアと言った飲料の原料、米や小麦や砂糖等の穀類や食品、繊維の原料である綿花や羊毛を4本柱として手広く事業展開を行っている有名企業です。

グローバル外資系求人も日本人セールスが狙い目

マルチメディア機器製造企業としては、クリエイティブテクノロジーが有名です。この会社は、アイ・オー・データ機器との合弁で、クリエイティブメディア株式会社と言う日本法人を設立し、日本にも進出しています。

シンガポールやマレーシアの飲料・食品メーカーとして有名なヨ-ヒャップセンもグローバルに事業展開を行うと同時に、ペプシコからライセンス供与を受け、ペプシコーラ、セブンアップ、レッドブル、エビアン等の販売も手掛けています。

中国を除くアジア地域で最大の携帯電話事業を展開する通信会社としてシンガポールテレコムや世界的に高い評価を受け、日本人にも人気の航空会社であるシンガポール航空も有名で、日本で言う外資系の日本人採用も狙い目ではあります。

また金融関連では、投資会社のグリーンドットキャピタルや東南アジアで最大の資産規模を誇る銀行のDSC銀行、東南アジア全域に展開するユナイテッド・オーバーシーズ銀行等が大手企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です